<「チャン・オクチョン」あらすじ 35話(最終回)>

韓国ドラマ「チャン・オクチョン 愛に生きる」第35話「愛を守るために」(全35話版の最終回です)のあらすじ(ネタばれ)です。やや詳しめのあらすじと超さっくり読めるひと言あらすじをご用意していますので下記からお選びください。

ちゃんと知りたい人向け!詳しめのあらすじ

最終話です!「私に自尽を命じる備忘記をお書きください」という禧嬪チャン氏(チャン・オクチョン)の願いを聞いた粛宗イ・スンは、臣下たちの前で禧嬪の賜死を命じました。「ただし亡き王妃の四十九日法要を行わせて悔い改める時間を与える」という条件に何かを感じますね。ついでに世子の廃位も望む老論派のことは、余が禧嬪を差し出すのだ!反対するヤツは死罪!と粛宗が黙らせます。

お悔み申し上げます♪と本当に憎たらしい顔で挨拶する淑媛チェ氏。「この座まで上がってみるがよい。大臣たちはそなたを利用しているだけ。賤民としか見ていないぞ」とオクチョンが言い返します。

本意ではないはず!撤回してください!と乗り込んできた東平君イ・ハン。最初は強気にはねつけていた粛宗も最後には涙を流し、「余のために死んでくれるそうだ・・・」と打ち明けました。幼なじみのヒョン・チスはカネの力でキム・マンギを動かしてオクチョンを救おうとしますが、オクチョンのことを亡き娘(仁敬王后)の敵だと思っているマンギは聞き入れてくれません。

粛宗は四十九日の法要で外出させたオクチョンを逃がすつもりでした。寺へ出かけるオクチョンの輿を追いかけて止め、涙を浮かべます。実はチスのことを調べさせて正体を突き止めていた粛宗は「オクチョンを危機に陥れたのはお前だが、救えるのもお前だけ。オクチョンを連れて遠くへ逃げろ」と命じて護衛のヒョンムと段取りをつけさせ、オクチョン母ユン氏にも打ち明けていたのです。

この件で大臣から責められたら譲位する覚悟の粛宗は、オクチョンを恋敵に託さねばならぬとは・・・と東平君に本心を吐露。その頃オクチョンは、チスとともに清へは渡らず、殿下を困らせなくないからと宮殿に戻っていました。そして大臣たちの前ですんなり毒を飲もうとし、たまらなくなった東平君が賜薬の杯を渡す役目を引き受け、オクチョンが飲み干したところへ粛宗も駆けつけてきました。どうして戻ったのだ?と聞く粛宗の腕の中で、戻らずにいられるわけがありません・・・と言い残してオクチョンが息絶えます。

オクチョンのいない寂しさにむせび泣く粛宗の姿、そして大嬪墓(オクチョンの墓)の説明などでドラマが幕を閉じます。

ささっとメモ!「オクチョンの息子は王になるの?」

禧嬪の望みどおり、粛宗の次は世子ユン(景宗)が即位します。しかしその治世は短く、子どもも残せなかったので、異母弟である英祖が王座を継ぎました。この英祖こそが、「イ・サン」にちょっと厳しくあたった祖父王であり、「トンイ」の産んだクムです。

せっかちさん向け!超さっくりあらすじ

★粛宗はオクチョンに賜死を命じる
★だが逃げさせるつもりだった
★しかしオクチョンは宮殿に戻る
★賜薬を飲んだオクチョンは粛宗の腕の中で永眠する

スポンサード リンク
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA